京浜化学工業株式会社

横浜の工場でひっそりと、そしてしっかりと時代のニーズに 合ったフェライト磁石を作り続けます

マグ・アグリ概要

1.きっかけ

好きだった磁気分野の企業に30年以上在職したことで工業分野のみでなく農水産業分野に関わることが出来た。たとえば『交流磁場暴露で蚕の成長促進』、『骨折時のパルス磁場治療(Ca増進)』、『鮭のイクラへの磁場暴露』、『魚・肉・野菜の磁場利用の冷凍』、『細胞分化の磁場現象』などがあり磁場利用の可能性を強く感じていました。 そのため退職後は食、水の大切さから農水産業に挑戦をしたいと考えていました。
私のビジネスプランは植物体の生育の促進と構成物質のミネラルを調節する装置です。
その装置名は『マグ・アグリ』です。

 


2.そのための方法・手段

水耕・養液栽培、植物工場の植物の生育では光、温度、水、養液などを制御し野菜の生産がおこなわれ、より多くの発芽、生育が求められております。本プランは植物体の生育を促すために水、養液の構造を変え、光合成過程の活性化をおこない生長促進を促すものです。

本装置はテンキーからなる設定・操作キー部、設定された周波数、変動磁場の強さを最適化する電気回路部と変動磁場を発生させる磁界発生クロスコイル部で構成される。

 

現在地: Home マグアグリ マグ・アグリ概要