京浜化学工業株式会社

横浜の工場でひっそりと、そしてしっかりと時代のニーズに 合ったフェライト磁石を作り続けます

変動磁場を利用した小松菜の溶液栽培

          変動磁場を用いた小松菜の溶液栽培

1)はじめに

    小松菜に変動磁場を印加し発芽と生長の影響の実験・調査をおこなう。

    磁場の印加はクロスコイル法で、昼間10時間作動とLED照明は、11時間/1日とする。 ただし発芽までは、LED照明はOFFとする

2)実験方法

   ① 下記のような11×4のトレイに小松菜を播種し発芽と第4葉までの生育状況を観察する。(約20日間の観察)

   ② 標準区と試験区の2個の溶液栽培器で試験区のタ-ゲット物質は、水とした変動磁場下で実験をおこなう。

   ③ 標準、試験区間のLED照度は、約10KLuxで差異は0.4%以下での実験となる。

                   水耕栽培器                                       播種後                                  収獲調査前                                根の観察  

    (標準区と試験区)                             (11×4)                                      (収獲調査前)           

  3)実験結果   

   A) 発芽調査の結果

            小松菜が各区で発芽までかかった平均時間(参考値)

         標準区 :31.7時間

         試験区 :40.0時間

    B) 標準区と試験区の比較

 

         C) 植物体の各種パラメータ

                         Table-1  各区の小松菜のパラメータ   

 4)まとめ

  1、 ターゲット物質、水での変動磁場は、小松菜の発芽と第4葉までの生育は抑制される。(Table-1参照)

  2、 試験区は要水量が約6%高いくなり効率の悪い、つまり生育が抑制されているとことがわかる。

    そのためより多くの水が必要となっている。(Table-1参照)

  3、 発芽期と第4葉までの初期の生育は、種子の大きさが影響を与えていると考えられる。

 

                         

 

 

現在地: Home マグアグリ 変動磁場を利用した小松菜の溶液栽培