京浜化学工業株式会社

横浜の工場でひっそりと、そしてしっかりと時代のニーズに 合ったフェライト磁石を作り続けます

小松菜・その他の豆検証・実験

 

1)はじめに

  変動磁場印加可能な溶液栽培器を用い小松菜の生育実験をおこなう。

  実験は生育段階ごとにターゲット物質を選定し変動磁場の調節をおこない小松菜に磁場環境下をあたえ実験をおこなう。

  播種、発芽と約12葉以上までの生育、収獲調査をおこなう。

2)実験方法

   ①ターゲット物質は水、根、葉、葉緑素の4物質で変動磁場を調節し印加をおこない実験をおこなう。

   ②試験体は各区とも14個体、観察期間は播種から60日後で、収獲調査をおこなう。

        【 Fig-1 実験の様子 】

        

                       

3)実験結果

   【 生育状態 】

               

   【 Fig-3 根の観察 】

                                     

 4)まとめ

   1、発芽期は試験区(磁場環境下)の生育が高く、その後は標準区の小松菜の生育が活発であった。(Fig-2参照)

   2、地下部の根色が試験区が白く健康色であった。(Fig-3参照)

   3、二つの家庭で収穫調査後に本実験の小松菜を試食したがどちらの家庭とも試験区の小松菜が苦みが強いとの報告があった。

  

                        

現在地: Home マグアグリ 小松菜・その他の豆検証・実験